クラウドを使ったシステムの注意点

category01

クラウドをシステムに利用してコスト削減を図っている企業が増えています。クラウドをシステムで使う利点は多数ありますが、最大の利点は効率のよいサーバ運営が可能なことです。

交通費精算システムの情報はかなり役に立ちます。

企業のシステムは利用時間に応じてサーバ負荷が極端に増減します。

そのため、必要な時に処理能力を増やし、暇な時には最小限まで落とす、もしくはサーバ自体を契約から外すことで利用料を極端に減らすことも可能です。物理的なサーバではできないコストダウンが可能となります。

しかし、クラウドを利用する際にはいくつか注意したい点があります。



1つ目はセキュリティです。
クラウドによってはVPN対応などのセキュリティ対応がされていることが多くなっていますが、それでもパスワードを適切に設定していなかったり、新規のセキュリティホールがある場合などには侵入されデータ盗難や改ざんの可能性があります。

セキュリティ対応はいくらやっても終わりが無いのですが、日々注意しておくことが大事です。


2つ目はコスト面です。

安くなるつもりが実際には高くついてしまう場合があります。



これはシステム側で負荷が高過ぎることと想定していたプログラム側のパフォーマンスが出ていないことから発生します。

遅い場合にクラウドが遅いのだとおもわれがちですが、現在のクラウドのほとんどは仕様通りの処理速度が出るようになってきています。

知りたい交通費精算システム事情

category02

システム開発はフルスクラッチで作成する時代から使えるものは使っていくスタイルに変更されてきています。その中でももっとも大きい変更はシステム基盤をオープンソースプロジェクトを利用することが増えたことです。...

subpage

学ぼう交通費精算システムの事

category02

システム開発では作業効率を上げるためにさまざまなフレームワークを利用することがあります。フレームワークは細かい機能の塊であり、APIと言われるプログラムで利用できる形式でまとまっている場合が多いです。...

subpage

交通費精算システムの身になる知識

category03

WebsphereはIBMが開発、販売している商用アプリケーションサーバです。もともとIBMのサーバ用のソフトウエアとして開発されていたこともあり、長らく、IBMサーバとセットで販売されていたようですが、現在では多くのOS上で動くことができるようになっています。...

subpage

交通費精算システムの秘訣

category04

アプリケーションサーバは各種アプリの稼働を助け、また、障害時には有効な対策を取ってくれる頼もしい味方です。また、用意されているライブラリを組み合わせることでシステム開発の工期を大幅に減らすことが可能となっています。...

subpage